EST手術,手汗

EST手術の後遺症

EST手術は、手汗で悩んでいる人なら一度は考えたことのある手術だと思いますが
私も何度も手術したほうがいいのかも・・・と考えました。

 

EST手術とは交感神経切除術のことなんですが
交感神経を切除することによって、手や顔からの発汗を抑える効果があります。

 

私はEST手術のことを知った時から
もう、絶対手術するんだ!と心に決めて
お金を貯めながら、色んな情報を集めました。

 

だって手術さえすれば、大好きな彼と気兼ねなく手をつなげるんですから!

 

ただ、残念なことに
EST手術には、辛い後遺症がでる可能性があることが調べてみて分かったんです…
それが代償性発汗です。

 

背中や腰、お腹や下半身からの発汗が増えるケース多くあって、
代償性発汗は個人差はあっても、
ほぼ100%の確率で症状として現れるそうなんです…

 

そもそも、汗は体内の熱を下げるために起こる生理現状なので、
手や顔からの汗を止めても、体は体温を下げるために
別のところから熱を逃がそうとするのは、当然のことだと言えます…

 

このことを知った時は、本当にショックでした…
目の前に現れた唯一の希望が消えてしまったんですから…

代償性発汗で苦しむ友人

その後、私はファリネと出会い、
手汗を気にすることのない生活を手に入れました。

 

ただ、私の友人で同じように手汗に苦しんでいた友人は
早々にEST手術を受けてしまいました。

 

彼女は、EST手術をした後すぐに代償性発汗の症状が出て
少し気温が上がると、胸からお腹にかけて大量の汗をかき
下着が透けて見えるほどにTシャツがグッショリと濡れてしまうんです…

 

私の友人のようにEST手術の後遺症で苦しんでいる人に会うたびに
もっと早くファリネで出会って、
色んな人に教えてあげられなかったんだろうと思います。

 

手汗で悩んでいる人は是非ファリネを試してほしいと思います
手術のようなことをしなくても、思っている以上に
手軽に手汗を気にすることのない生活を手に入れることが出来るかもしれません。

 

深く考えすぎず、一歩を踏み出しましょう!
きっとファリネなら、あなたの力になってくれるはずです!